2009年04月24日

都と京 酒井順子



 都と京
 新潮文庫
 酒井順子

 135119.jpg

 久しぶりの読書。
 京都のタイトルに惹かれて読んでみた。

 なかなか面白い、著者の書きっぷりがいい。
 それ以上に、分析力と表現力に感心しました。

 東京在住の著者は、大の京都ファンで、好きが高じて、東西の都を比較しいじくり回すというスタイル。
 ご本人も自覚しながら、その比較を楽しみ読ませてくれる。

 言葉遣いの違いなどを論じる本はよくあるが、比較するネタに個性を感じて、そういうところが面白さを増幅させていると思う。

 京都から琵琶湖畔まで電車で20分ほどらしいです。
 そんなに近いのか・・・

 京都からの帰り、東山を乗り越えて滋賀県へ走ったことがあるけど、もっとあったような・・・やっぱりトンネルがあるから一直線なのか。

 行く機会があれば、琵琶湖まで電車に乗ってみたい。


 京都か、暑くなる前に行きたいけど
 ちょっと、それどころじゃないかな

 この作家の本、また読んでみたい。
 最後に、改めて、この本、面白い。

posted by 雪になあれ at 00:38| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井順子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。