2010年12月26日

劇団四季 マンマ・ミーア! H22.12.25



 IMG_0278.JPG

 クリスマスにマンマ・ミーアを観てきました。
 いつか観たいと思っていたミュージカルです。

 汐留、四季劇場「海」
 四季を観るようになって、何本か観てきましたが、なぜか「海」が多い

 いつも車で行ってる割に、至近の駐車場に停められたためしがないので、今回はそこをよく調べて行きました。

 汐留タワーホテル地下駐車場は4番だったか?

 いくつもゲートがあって、案内もないので駐車場のおじさんに聞いてようやくたどり着いた

 あそこは普通、電車で行くんでしょうけどね


 IMG_0279.JPG

 まず配役、濱田めぐみさん・・・きました

 声量は相変わらず、よく通る素晴らしい声です


 肝腎のミュージカル
 まったく話は知りませんでしたが、そういう話なんですね

 思ったより劇中の曲が自分は良くないかも

 それと濱田めぐみさんのソロで、アバの名曲をもっと聴きたかった

 カーテンコールで何曲か全員で歌ってましたが、自分としては?ですかね

 劇があういう終わり方をしたのに、その直後にあれとは

 入場時にペンライトが配られて、カーテンコールで使ってくださいというのもなんだかなあ、と


 しかしこの不感症と、開演早々寝てしまったことで、妻と娘の非難の的になってました

 そうなんですよ、自分は、濱田めぐみさんの歌が聴ければそれでいいんだ、きっと


 それと、今回は舞台セットもシンプルでした

 なんだか期待が大きかっただけに、落胆も大きい

 マイナス評しか出てきませんね


 カーテンコールでの歌って踊るノリノリの演出は、好きな人は好きかも

 リピーターの多い四季のミュージカルだけに、カーテンコールが始まってすぐ起ち上がる観客もいましたね

 あれが楽しめれば最高なんですが

  
 自分としては、アイーダやウィキッドの方が良かったかな

 これまで観た作品では、アイーダが一番いいと思う







posted by 雪になあれ at 23:21| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(四季) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

美女と野獣 四季劇場「夏」



 IMG_0233.JPG

 昨日のことですが、夏休みをいただいて行ってきました。


 四季劇場「夏」

 IMG_0226.JPG


 大井町駅からすぐです、操車場やJRの社宅でしょうか、この土地はどうやって入手したのか不思議な場所の一角にありました。

 演目は、本劇場こけら落としとなる「美女と野獣」です。
 自分は今回は遠慮して、車での送迎に専念して、大井町界隈を散策していました。

 昨日の首都高速はどっちに向かっても渋滞、お盆休み明けで物流の車が溢れていたようです。

 それでも渋滞の予感がして時間に余裕を持って出たので、早めに下道を走り始めても、大井町に着いて開場までにお昼を摂る時間が作れました。

 大井町駅界隈は、アトレとヨーカドー、そしてヤマダ電機が陣取っていました。
 駅から少し離れると住宅地で品川がこれだけ近いのに下町風情です。

 上演時間は約3時間なので、暑すぎて外にはいられず、アトレ内でうろうろしてました。


 観劇後は、丸の内にあるオアゾへ行って、ゆっくり丸善で本を眺めて、ツバメキッチンで夕食をいただきました。

 このあたりは平日の方が混み合うようで、夕方の時間帯でしたが、自分たちが席に着いてから、あっという間に満席、単独のサラリーマンや仕事帰りの若いグループでいっぱい。

 週末はたまに来ていたので、違う雰囲気を味わいました。

 IMG_0037.jpg



 このコーヒーの器、柄が何とも言えず良かった。
 何気に・・・皿も同じ柄だったりしてます・・・

 IMG_0049.jpg



posted by 雪になあれ at 23:44| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(四季) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

アイーダ 濱田めぐみ 



 2010010909430001.jpg

 随分前にチケットを購入していた劇団四季の「アイーダ」、鑑賞してきました。四季は今回が4回目、これまでに「赤毛のアン」、「キャッツ」、「ウィキッド」を観てきた。

 今日仕事を休むために昨日大残業になってしまい、帰宅が午前3時すぎになっていたので、やや睡眠不足。でしたが楽しめました。今回も女性客に圧倒されましたが、さすがに慣れてきた。ミュージカルってそういうものなんでしょう。
 行ったことはないが、宝塚歌劇とかの方がもっと女の園に違いない。

 そして今日、初「濱田めぐみ」を堪能できました、ようやく彼女の歌声にたどり着きました。かつて四季はキャストを事前公表していた時期があったとのこと、今は伏せてあるようです。ロングランでもあるし複数キャストでないと乗り切れないですからね。

 舞台で歌を任される俳優は皆上手いですが、初めて聴きましたが濱田さんの歌には魅力がありますね、声がいいし声量があるのはもちろんですが、大音量の歌声よりも静かに歌いだす声は抜群でした。
 前評判を聞いていて既に洗脳されていたことを差し引いても、大した鑑賞歴はないですが、自分が観てきた四季の俳優で1番でした。

 ストーリーは、歴史物語をベースにした悲恋で、ありふれていますが、四季の演出の素晴らしさと無駄のない舞台進行には改めて感心します。3時間の長丁場にまったく無駄がなく質が高い、相変わらず四季は素晴らしい。

 また、観たいです。そして「濱田めぐみ」の歌にノックアウトですね、彼女の歌をいつまでも聴いていたくなったのは自分だけではなかったでしょう。
 もし、「濱田めぐみ」ソロコンサートがあったら、どんなにチケットが高くても行きます。

 2010010909200000.jpg



posted by 雪になあれ at 01:33| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(四季) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。