2012年12月20日

3月のライオン 第8巻 読みました



 今回もシリアス

 零が名人と対局し、実績ある老棋士と中堅棋士のタイトル戦の死闘

 登場人物皆が苦悩し、秘密を持ち合わせていて、個々が自身と戦い続ける

 そんな内容です

 川本家のおじいちゃんと3姉妹の掛け合いは相変わらずほっこり

 二階堂も元気になって、パワフルに活躍していて前向きになる

 作者は、やっぱり二階堂に何かを実現させたいんだなと感じる

 モデルとなった村山聖が活躍することを

 ひなたが守った友達も頑張る、頑張れと

 目が離せない展開が続いています









posted by 雪になあれ at 23:41| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 3月のライオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

3月のライオン 第7巻 羽海野チカ



 第7巻は、前向きにさせられる展開です


 以下、ネタバレです




続きを読む
posted by 雪になあれ at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 3月のライオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

3月のライオン 第6巻 読みました



 9784592145165.gif

 3月のライオン 第6巻
 発売日を待ちに待っていたので、早速読みました

 
 前巻くらいから、作者が描いてきたテーマを掘り下げているような展開になってきた感じです

 やや辛い展開もありますが、桐山零が将棋に向かう姿勢が強まっていますね


 零を支える川本三姉妹に起きている出来事、「心友」二階堂の病い、目が離せない展開になっています

 二階堂が対戦を長期化され、体調を崩す場面は、二階堂のモデルとなった「村山聖」の実話です

 この事実をあえて採用した作者の強い意志を感じます

 川本姉妹の事件も重々しいテーマですが、避けて通れない日本社会の病いに違いありません


 これらの事件はどこか底の方で繋がっているようで、繋がっているように上手く描かれていて、零だけでなく、登場人物皆が強くなっていく、課題に向かっていく・・・


 読んでいて熱くなってきますね

 もう7巻が待ち遠しいですね


 それにしても、故村山聖をなぞらえる著者、相当な思い入れがあるはずです

 零にもモデルがいるのでしょうか?

 村山聖がライバル視していたのは、羽生善治

 二階堂は零を「心友」として、闘争心を燃やし、声援もしています

 ということは、零は羽生さんをモデルにしているのでしょうか?


 いろんなことを想像しながら読めるし、零のことはもちろん、川本姉妹や二階堂の動向も気になります


 これから、どんな展開にしようとしているのか、とても楽しみな作品です

 複数の漫画大賞を受賞したり、今朝の朝日新聞には大きな広告も掲載されていました

 原画展などの開催についてもアナウンスされてます


 ますます3月のライオンは絶好調のようです









posted by 雪になあれ at 23:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 3月のライオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。