2006年04月03日

エイジage 重松清



 エイジ
 重松清

age.jpg

 読もうと思い始めて、実際本を手にするのに随分時間かかりました、重松清さんの本は。

 『ビタミンF』で直木賞受賞されてから注目してたんですが、その作風の重厚さに敬遠気味だったのが本音。

 今回の『エイジ』は自分の好きな『学校』というカテゴリーと山本周五郎賞受賞という背景が読むきっかけでした。

 しかし、読み始めてそのテーマの重さやなかなか展開しないストーリーに正直困りましたが、エイジの友達ツカちゃんの勢いが読ませてくれたのかもしれない。

 それとやはり相沢志穂のキャラクターも読ませてくれる要素があった。

 この物語は無機質に進む、主人公エイジやその友人達の名前がカタカナでしか登場しない。
 そこが無機質さに拍車をかけてる。
 唯一、記者との会話の中でエイジの文字が『栄司』と明かされる。

 その無機質な展開はエイジの心情に反映されていって・・・、読んでいて正直エイジも同じ犯罪に進んでいくのかといたたまれなくなったが、救いのある結末となってホッとさせられる。

 エイジの心情が下降していく展開に比べて、前向きになっていく展開があっさりしてるような気がして説得力が薄いか。

 ただ『相沢志穂』だけは、始終『有機』的な存在で元気いっぱい、恐らく重松氏の理想の女性像のような気がしてならない。

 それからツカちゃんやタモツくんの本音トークはよかった。
 やはりエイジに語らせた心情はとても難しいと思う。

 曖昧な動機だったり、確固たる意志だったり、無意識な行動だったり、そんな手応えのない思春期の子供たちの意識を伝えようとするこの本は、もの凄いことにトライしてると思う。
 
 最後に救いを持ってきた、そんな重松氏の思いに感謝でしょうか。


ゆうきの読書日記&矯正日記』さんにトラックバック





 今日のウォーキング
 朝:北浦和駅から浦和まで
 帰りは強風のため止めました、午後8時過ぎに会社出たんですが浦和はもの凄い風でした。
 浦和界隈では散り始めてるので、まだ散策してないエリアも散っちゃうかな、残念っす。



 
posted by 雪になあれ at 22:53| 埼玉 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 重松清 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。