2010年03月07日

風の墓碑銘(エピタフ) 乃南アサ



 風の墓碑銘(エピタフ)上・下
 乃南アサ
 新潮文庫

 142547.jpg  142548.jpg

 先日、乃南アサ原作の「凍える牙」がテレビドラマ化されたのを観て、この作家の本を読みたくなりました。
 随分前によく読んだ作家で、しばらく遠ざかっていました。音道刑事シリーズも何冊か読んでいて、今回も意識してそのシリーズを読みました。

 やっぱり面白い、文章がうまいうえに人の描き方は相変わらず達者です。今回の音道と滝沢の心理描写は抜群です、ふたりのいがみ合いが楽しく読み進む原動力になっていました。
 特に今回の話は、事件性よりも登場人物個々の生き方みたいなものに重点が置かれたような作風で、死者も含め登場人物ひとりひとりの気持ちを考えさせられます。

 過去と現在の事件を結びつける展開もさすが、上下2巻という長丁場ですが個々を丹念に書き上げていて、それぞれの動機も十分に理解できました、納得させられた気分です。
 
 終盤、鳴子に行って事件の核心にいたるくだりは、もっと膨らませることが出来たような気がしましたが、ページに制限があったのか。特に鳴子へは、音道と滝沢に行って欲しかった気がします。
 少しずつ事件(動機)の核心に迫るあたりは読ませます、テレビドラマ化すると良さそうです。

 今回の話は、音道と滝沢の私生活の描写があって、ふたりにさらに親近感が湧きました。ふたりの刑事の今後に興味を持たせたまま清々しく終わった感じです。
 またふたりの続編が読みたい、そんな気にさせられました。


posted by 雪になあれ at 15:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 乃南アサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

鎖 乃南アサ



  乃南アサ
 単行本 H12.10新潮社
 文庫本 H15.12.1新潮社

 kusari1.jpg kusari2.jpg


 人の機微というのは、気持ちで理解できても活字で表現するとしたら自分には出来そうもない。

 それがこの作品では存分に発揮されていて、登場する人物それぞれの複雑な思いに納得させられ、さらにそれらの複数の思いが絡まるストーリー展開に感心しました。

 物語前半の貴子と星野のやりとりから読まされてました。

 貴子の視点で語らせる男性観、最低な男として描かれる星野との比較で引き合いに出される昴一との好意的な携帯での会話の妙、実は自分が最も感心させられたのは、分かれた夫との『心(気持ち)』のやり取りです。

 別れなければならなかった夫婦間の微妙なズレ、分かり合えない機微・・・そんな些細な心理を携帯電話の雑音で表現しきっていた。
 大変な筆力だと思った。


 貴子が捕らわれるきっかけとなるマンションの一室、そこにある『椅子』に興味が湧く、その伏線が椅子職人の恋人だったりする・・・そんな貴子の仕事とプライベートが重なる心理状態が果てしなく自然でいい。

 この作品は『凍える牙』での貴子と滝沢を読んできた読者には堪えられないと思う、やはり自分は滝沢の刑事然とした存在感が好きだ。

 監禁された貴子に近づきつつある描写は、滝沢の汗臭さが臭ってきそうな文章から実感させられる、そんな要素がこの作品の真骨頂なのだと思う。

 ストーリー展開に少し無理があると思うのに、素直に読み進むことが出来る・・・それはやはりこういった滝沢のような魅力的な人物描写があるから。

 そしてこの物語の主人公には、中田加恵子も挙げないわけにはいかない。
 彼女の揺れ動く気持ち、貴子とは対照的な弱い心を持つ女性、ただ男としたら救ってあげたい女性だ。


 著者が持ってきた『』という表題、それは貴子を繋ぐ鎖ではない、人と人との繋がりを言っていると思う。

 貴子と滝沢、貴子と昴一、貴子と別れた夫、加恵子と堤、井川と息子・・・いい意味でも悪い意味でも万人にある人との繋がりだと思えた、生きていくのにどうしてもあるもの・・・

 時として、かけがえのないものでもあるし、必要悪でもあるもの・・・そんな意味が込められていると思えた。


 この作品、著者の並々ならぬ思いが伝わってくる、推理小説を書いていたのではないと感じる。
 著者が貴子と加恵子に託したもの・・・それは、この短い表題に凝縮されているような気がしてならない。


 エピローグに持ってきた後日談には、ほんのりとさせられ、凍える牙から読んできた読者は益々貴子に愛着が湧いてしまう。

 これは自分のわがままなんですが、エピローグに滝沢も登場させて欲しかったりもする・・・

 
 いずれにしても、さらに音道シリーズを読んでみたくなった。
 とても面白かった。

posted by 雪になあれ at 01:20| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 乃南アサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。