2007年06月27日

今さらですが・・・アンネの日記



 昨日の続き・・・

 枕元に置く7冊、万葉集の次にアンネの日記が挙げられている。
 今さら驚くわけでもないけど、小川洋子さんがこの本を持ち出すと慎んで読む羽目になる。

 案の定でした、こんな短い書評というか、気持ちを認めているだけなのに・・・まいった。

 まあ、自分が感想書いても仕方ない。
 引用しました、カドカワさん、大目に見てください。


 数え切れないくらい読み返した本、作家になりたいと願う私の、道しるべになってくれた本。

 もし、あの世で、自由に死者と会えるのなら、真っ先にアンネ・フランクを訪ね、お礼を言わなければならないだろう。
 付箋だらけになった『アンネの日記』を見せ、いかにこの本が深く私の人生に関わったか、語りたい。

 私は勝手に、自分がキティだと思いこんでいました。だからこれは全部、自分に出された手紙なのです。
 私はあなたが記した日記の一行一行に共感し、慰めの言葉を掛け、羨望の眼差しを向け、一緒に涙ぐんできました。

 明日になったら、1944年8月2日水曜日、の日記が記されているのではと期待し、最後のページをめくり、どんなに願ってもそれが叶わない夢だと思い知らされ、深いため息をついたこともあります。

 あなたが行ったこともない東洋の小さな国で生まれた子供が、『アンネの日記』に感銘を受け、自分も本を書いて生きてゆきたいと夢見て、それが実現したのです・・・。

 きっとアンネ・フランクに会えたら、興奮して一息に喋ってしまうだろう。
 あの世だから、たぶん、日本語とオランダ語でも、ちゃんと言葉は通じるはずだ。



 本文中、付箋だらけになった日記をアンネに見せるためには、『棺に本を入れてもらう必要がある』と括弧書きで注釈していました。
 不謹慎かもしれないが、小川洋子さんは当然そうしてくれるように、ご主人や長男の方に伝えているに違いない。

 どうあっても一番大切な本(思い出)、はずせない本。


 『死の床に就いた時、枕元に置く七冊』は、次のとおり。

 1 万葉集
   http://www.7andy.jp/books/detail?accd=03159996
   03159996.jpg

 2 アンネの日記
   http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31107496
   31107496.jpg

 3 中国行きのスロウ・ボード(村上春樹)
   http://www.7andy.jp/books/detail?accd=19926348
   19926348.jpg

 4 西瓜糖の日々
   http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31145896
   31145896.jpg

 5 ダーシェンカ
   http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30482203

 6 サラサーテの盤
   http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31077178
   31077178.jpg

 7 富士日記
   http://www.7andy.jp/books/detail?accd=19926349
   19926349.jpg


 やばい、こんな時間になってる・・・
 どうも早く寝ることができない性分、疲れもピークにきてるなあ、ヤバイっす。

posted by 雪になあれ at 00:57| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 小川洋子・アンネフランク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「刺繍する少女」で検索をして訪ねてきたものです。
トランジットのところで祖父の腕にあった「193328」が何かわからなかったと書かれてありました。
アンネの日記を読まれて気づかれたかもしれませんが、あれは強制収容所で管理するために押されてしまった刻印です。
だから、ユダヤの話が出ていたのです。
主人公の祖父は、きっと、ユダヤの方だったのでしょう。
Posted by at 2013年09月15日 22:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック