2012年03月04日

八日目の蝉 DVD感想



 正直、泣けましたね

 希和子役の永作博美、薫役の井上真央、千草役の小池栄子、3女優とも個性豊かで演技も素晴らしい

 どのキャストも抜かりなく、ストーリー同様、とても引き締まった印象です

 子供を誘拐される母親役の森口瑤子さんのやるせなさも伝わってきました

 子供時代の薫演じる渡邉このみちゃん、この子のうつむき加減での上目遣いの表情が印象的です

 いつも不安があるようでいて、子供らしい母親への思慕や甘えを感じさせるような・・・なんとも言えない気持ちにさせられました

 物心ついたときから母親しかいなかったせいか、お父さんのことを質問することもない

 唯一、男か女かという他愛のない会話があって、薫はずっとお母さんと居るというシーンがある、単純なセリフですが、この子役の表情でなんだか泣けてきましたね


 随分前にテレビ版を断片的に見ていたので、あらすじは知っていましたが、エンジェルホームの件は初見でした、原作にあるのかないのか、このホームでの生活は物語の骨格をしっかりさせる効果があると思えました

 ホームで一緒だった友達と再開することになり、過去を訪ねる旅に同行するとは、演出としては最高でした

 小豆島での希和子と薫の生活は見所でした、風光明媚な小豆島の風土、土地に馴染んでそこを離れたくないと言う薫のセリフは重厚でした

 寒霞渓からの眺望、棚田での虫送りの映像は圧巻です、ふたりの思い出が蓄積されていく重要なシーンです

 また、素麺工場でのふたりの生活、幼い薫の記憶に残る小豆島での生活の数々は丁寧に映像化されていて、結末での切なさが増長される下地作りは心憎い限りです


 この映画は、終盤に向かうほど観る側は高ぶります、写真館での店主とのやりとりも見所です

 現像と言う言葉も忘れてきたこの時代、あの演出は効果的、薫の記憶と本音が薫自身にとっても徐々に浮き彫りになってくることを示唆していて・・・薫が最後に吐くセリフに繋がっていく展開には感心します


 テレビ版では最後の最後に希和子と薫のすれ違いが切なさを演出していましたが、映画版では希和子はこの写真館の店主のセリフの中での登場がラストで、そこがまたやるせない感じがしました

 とにかく良い映画であることは間違いないですね


 今シーズンの映画賞を数々受賞していることも知りました

 主演、助演女優賞を主役級の3人が入れ替わり立ち替わり受賞していて、誰が主役なのか視点がいくつもあるっていうことなんでしょう

 今回の映画作りでは、希和子と薫が切り離されてから、薫が記憶を遡るシーンが続いていて、薫が身籠もった子供を育てていく自信を獲得するシーンで終わっているので、主役は薫なんでしょうね

 ただ、希和子の薫を思う気持ちには揺り動かされました、印象的でした


 個人的には、希和子、薫ともに主演女優賞を、もちろん子役の薫にも・・・


 悔しいことがひとつありました

 これ、映画館で観たかったっす





posted by 雪になあれ at 00:23| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
原作では身重の恵理奈(薫)とつきそう
千草の姿を喜和子が見かけるけど
会いたかった薫とはわからず。
だいぶ年月経ってるからとうぜんですね。
テレビドラマでは、思わず薫と呼んで
恵理奈が振り向き。一瞬の再会になるんですけどね。
Posted by ミント at 2012年09月18日 14:40
ミントさんへ
この映画は印象に残りました
希和子を責められれば整理も着きそうですが、その気持ちになれないジレンマがあります
原作もよかったです
Posted by 雪になあれ at 2012年09月18日 17:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック