2010年10月17日

ナチュラリストになりたい 福岡伸一トークイベント



 福岡伸一トークイベント 「ナチュラリストになりたい −ドリトル先生と生物多様性−」

 日時:2010年10月16日(土)18:30〜20:00(開場:18:00)
 会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山

 20101016fukuoka.JPG


 昨日、青山ブックセンターでの福岡先生のトークイベントに行ってきました。
 生物多様性に関するレクチャーを中心に、福岡先生の著作に関する紹介を兼ねたトピックスを語られていました。

 感覚的に生物の多様性が、地球上の秩序を保っているというのは漠然と理解できる、自然界の秩序が私たちの生活を支えているのに、その秩序を破壊しているのも「人」だという事実もあって、複雑です。

 それから、生物多様性については、生物資源の所有権?に関する課題を紹介していましたが、解決にはハードルが高そうです。

 薬品のタミフルの原料を事例として採り上げていました、その資源の所有権者への見返りを求める仕組みについて締約国で同意できるか、というような話でした。

 しかも、その資源の所有権を、時代を遡って認めるかどうか、資源国はより長期間見返りを求めたいし、資源を使って商品を開発して利益を上げている方は払いたくない。
 結局は利権なので、このテーマは平行線が続くんでしょうね。


 その筋の本から、全体像を引用すると・・・こんな感じです。

 生物多様性条約は、生物多様性を包括的に保全することを目的として、3つの柱があるようです。
 @生物多様性の保全
 A生物多様性の構成要素の持続可能な利用
 B遺伝資源の利用から生ずる利益の公正で衡平な配分
 とされています。

 外務省関連サイト


 トーク後半は、福岡先生の著作を紹介しながら、科学に関する話題を話されていました。
 今回も画家フェルメールの話題が出ていました、顕微鏡の発明者とフェルメールが同郷で、同時代に生活していたらしく、顕微鏡発明者がフェルメールの作品のモデルとして描かれている、と。

 そして、福岡先生はいつも話されているんですが、フェルメールの作品を所蔵している美術館で鑑賞することをライフワークのひとつにされていると今回も話していました。

 それにしても、いつも笑顔で自然について語る先生は魅力的でした。

 今回は、現役の大学生や院生も聴講していて、トーク後の質疑も学生からのものが多かったようです、概念的な質問に答える福岡先生の語りも格別。
 自分も叶うなら学生に戻って、大学の講義室で自然や生き物について聴講してみたい。

 
 90分という時間はあっという間に過ぎてしまいました。
 サイン会も用意されていましたが、今回は遠慮して帰路につきました。

 青山ブックセンターでゆっくり本を見たかったですが、遅くなりそうなのでサクッと切り上げました、この本屋さんは個性があって週末の夜など、まったりと過ごしたくなる場所です。

 そう言えば、トーク冒頭で福岡先生も、「人恋しくなるとこの本屋を訪れる」と詩人のようなことを話されていました。
 世辞も含まれているでしょうが、まんざらそれだけでもなさそうでした。

 
 また、機会があったら、福岡トークを聴きたいと思います。




posted by 雪になあれ at 22:59| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡伸一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
福岡さんの講演会…いいですね
青山は遠いのでいけません
京都住みですので

Posted by yuzu at 2010年10月22日 15:44
yuzuさんへ

福岡先生は東京生まれのようですが、京都大学出身です
もう全国区の方なので、関西方面での講演会の機会があるといいですね
Posted by 雪になあれ at 2010年10月23日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック