2009年09月09日

3月のライオンのモデル 村山聖



 先日読み始めた3月のライオン、最初に1巻が手に入らず2巻3巻を先に読み終えてましたが、今日1巻を読みました。

 1巻のライオン将棋コラム4に書かれていた「二階堂晴信君のモデルとなった棋士」に「村山聖」の記述があり驚きました。

 作者は相当将棋の世界に思い入れがあることが分かりました。
 「村山聖(さとし)」をモデルに主人公桐山零のライバルを描いていたとは。しかも二階堂の活発なキャラに好感が持てます。

 3月のライオンに自分も思い入れの気持ちが湧きました。
 カテゴリーも作ってしまった。

 村山聖棋士には、もっと活躍して欲しかった。
 彼がいたら、羽生名人をはじめ現在現役棋士のタイトル獲得数には相当な影響を及ぼしたでしょう。

  • 村山聖ウィキペディア
  • 日本将棋連盟 物故棋士
  • 関連サイト


  • posted by 雪になあれ at 23:38| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 3月のライオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/127689900

    この記事へのトラックバック

    3月のライオン - 羽海野チカ -
    Excerpt: 「3月のライオン」の感想 桐山の「孤独」と今の自分の心がかぶってみえる 冷静沈着で他社と触れ合うことが苦手な桐山 それでも川本姉妹との...
    Weblog: マンガライフ
    Tracked: 2009-10-02 23:12