2013年12月15日

凍原 桜木紫乃 読書感想



 この本は著者唯一の長編ミステリーとされているが、書こうとしているのは北の大地に生きた人々の生き様です

 作者の書くテーマそのものだと思う

 氷平線しかまだ読んでいませんが、そう感じました

 今回の作品は、永い時間をベースに描かれていて、その時代に生きた人と北の大地とのしがらみ、人の宿命という重厚なテーマが重なり合って、読み応えがありました

 それぞれの登場人物の気持ちに共感させられました

 北海道という舞台は、透明感や潔癖感があって、真摯に人の気持ちに向き合うテーマを高める資質がありました

 比呂と片桐のその後が気になる小説です

 ふたりのその後も読んでみたいですね

 
 小学館「凍原」サイト
 http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094087321




 

posted by 雪になあれ at 22:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜木紫乃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

秩父高原牧場からの眺望




image-20131212224529.png



image-20131212224547.png



image-20131212224601.png




今日は東松山で妻と人間ドックを受診

お昼で終わったので、久しぶりに秩父の山まで遠征してみました

とにかく天気が良く、山の輪郭がくっきり

山路も落ち葉で埋め尽くされて、初冬の雰囲気でした

秩父高原牧場から続く尾根伝いの道からの眺望は素晴らしかった

日差しが強い分、雲の影が地上にくっきりと投影されていました

平日とあって人通りもなく、山の静寂の中に風が吹くばかりでした

とにかく癒しの時間という感覚

今日は、よい時間を過ごしました


posted by 雪になあれ at 22:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。