2012年10月29日

神様のカルテ3 夏川草介 読書感想



 kamisamanokarute.jpg



 巻が進むごとに、より洗練された物語に仕上がっているような気がします

 出来すぎとも言えますが、読んで楽しめる、益々ハルと一止に感情移入してしまう

 登場人物皆、一生懸命で、信州の自然の中で個々が自分の「正義」と格闘してる

 外村、東西、水無、そして小幡の「怒り」や「思いやり」が示唆されているようで

 その存在感は増すばかり、何とも言えない感動を覚える 

 看護師、東西の抱えている物語や一止の同僚医師、小幡の信念にも圧倒されます

 作者は印象に残るこれらストーリーを積み上げていて、本巻も重厚に仕上がっていました

 信州のその土地の行事や景色、季節感を織り交ぜながら語られる展開は、読後感も非常に良い


 自分のお気に入りとして、ハルとの会話もある

 何とも堅い語り口調は、ふたりの信頼感を暗示している

 3巻まで読むと、自然に読めている


 砂山と一止は新しい道に進もうとしていて、物語は広がり希望が膨らんでいくようです

 とにかく皆の姿勢が潔くて清々しい、信州の清らかな空気感そのもの


 今回の仕上がりを引き締めたのは、東西が送った草枕、そして大狸先生の粋な計らい

 一止が進路を一新する船出に相応しい心憎い演出でした


 まだまだ物語は続くでしょう、続編を楽しみに待ちたい

 何だか雪の信州が待ち遠しくなってきました




posted by 雪になあれ at 22:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏川草介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

舟を編む 三浦しをん


9784334927769.jpg


 舟を編む


 1ヶ月以上読んでました

 辞書の編纂がテーマ、本屋大賞受賞、と興味津々でした

 なかなかないテーマで、着眼が凄いなあと思う

 「まほろ駅前・・・」や「風が強く吹いている」の時も採用するテーマの非凡さを感じていたような気がします

 辞書作りの長い時間は、馬締と香具矢の恋愛と仕事の描写、荒木と松本との絡みがあって、心地いい時間感覚として読めました

 時々辞書から摘んでくる「単語」が何だか新鮮、その音が聴こえてきそうなほどの存在感で、その辺の手腕もさすがでした

 1ヶ月も読んでいたけど、思い返しても行き詰まったり、話が飽和したりとか退屈感はなかったのは、書く力があるから

 取り組みづらそうなテーマ、辞書に取り組む長い時間は、著者の狙い通り?人が生きることと重なってきました

 辞書は生き物、いや違うか、辞書を生かすのは人そのもの

 辞書に掲載される単語は興味がなければ無味乾燥なものだけど、馬締たちの生活にあてはめて生かされる

 欠落していた「血潮」だけで、馬締たちに息吹を吹き込むくだりは大団円を迎える準備として十分なインパクト

 さらに松本先生の最期と掛け合わされ、辞書と人が重なってきて、何だか最後の数ページはうっすら涙でした 

 こんな世界もあることを知って、今は引くこともなくなった辞書を触ってみたくなりますね

 馬締のその後も気になる余韻もある作品、続編なんてあるのかないのか

 「風が強く吹いている」の時もそんな気分になっていたのを思い出した

 映画化もあるようなので観てみたい



posted by 雪になあれ at 20:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦しをん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

佐野青竹手打ちラーメン押山



 20121002 (1).JPG


 佐野青竹手打ちラーメン押山


 今日は久しぶりに佐野ラーメンに出没

 愛妻と群馬方面に蕎麦を食べにスタートして、走ってるうちに佐野ラーメンに進路変更でした

 利根大堰から群馬、足利を抜けてR293へ、佐野市の北部に押山はあります

 近くには、おぐらや、池田屋、岳乃屋などがあって、この北部R293沿いは佐野ラーメン国道でした

 平日正午を過ぎた時間帯、仕事人でほぼ満席でしたが、運良く駐車場もテーブルも1つ空きがありました

 大盛りラーメンと餃子を注文

 20121002 (2).JPG

 麺は手打ちらしくやや不揃いの麺、やや堅めの茹で加減が丁度良い歯応え

 大きなチャーシューは厚みもあり、食べ応え十分です

 大盛りの具合も他店よりも満腹感あり

 一人では餃子まで食べきれなかった、佐野らしいでっぷりした餃子は5個です

 妻に2個食べてもらい完食
 
 このお店、あまり名前を聞いたことはなかったけれども、佐野の有名店を凌いでます

 味はもちろんですが、厨房の活気や店員さんの気配りなどが行き届いている印象です

 超有名店に囲まれ、国道からやや見えづらい立地ですが、是非佐野ラーメンファンには訪れてもらいたいお店でした

 自分もまた訪ねたいと思う

 また素晴らしい店を発見です

 シンプルな佐野ラーメンですが、まだまだ食べ尽くしてないなこりゃ







 
posted by 雪になあれ at 20:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもの(佐野ラーメン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。