2010年08月24日

乙女の密告 赤染晶子



 乙女の密告
 赤染晶子
 新潮社


 327661.jpg



 今回の芥川賞は、小川洋子さんが選考会の結果を記者会見していたのを見て知りました。

 しかも、コメントの中に「アンネフランク」の名前も出てきて、何事だろうと。

 タイトルも風変わりで、「乙女」と「密告」という繋がりからして興味深かった。


 「乙女」を連呼したような書き出し、講義の途中に、関係のない教授が乱入して、その「乙女」たちに課題を課す冒頭から、非常に面白いと思った。

 作品を読んでみて、構成力や読ませる力を感じました。

 アンネフランクの境遇を大学生活の随所に登場させていて、その醸し出す雰囲気は暗唱することになるアンネの日記をより鮮明にしてるような効果がありました。

 パロディのように埋め込まれたアンネフランクの歴史は、読者を1944年の「後ろの家」に誘うようです。


 登場人物も当時の関係者に重なっていきました。

 全体を通して読んでみると、パロディのようなプロットが非常に効果的で読み終えるとこの作品を構成する上で必要な要素だと気づかされます。


 いきなり出てくる「すみれ組」と「黒ばら組」の選別、これはまさにホロコーストでの不合理な選別を表しているんでしょうね。

 どこの収容所に振り分けられるか、収容所に着いたら着いたで、生かされるかガス室に送られるか、紙一重の境遇、合理的な理由などないホロコーストの現実を「乙女」たちの学生生活に投影していきます。

 主人公みか子が尊敬する「麗子様」のストップウォッチも何かの暗示に違いなくて、自分はダビデの星なんじゃないかと感じています。

 ストップウォッチが刻んだ「5分33秒12」は、数字で管理されたユダヤ人の暗示ともとれます。

 「麗子様」は、強制的な学生生活から解放されたように思えました。


 バッハマン教授とアンゲリカ人形にも謎かけがあったように思います。

 人形が誘拐されて、教授は捜索のビラをあちこみに貼ります。

 ビラに使った写真は、「去年の夏・二人で海に行った時」のもので、幼いアンネ姉妹が海水浴に行った楽しい思い出に重ねています。


 バッハマン教授を姉のマルゴーにするには無理がありそうですが、人形はアンネフランクでしょうか?

 みか子は、途中ではミープ・ヒースのような気もしますが、ラストはみか子自身(乙女)であり、アンネフランクの代弁者です。


 アンネフランクが日記(活字)でしか書けなかったユダヤ人である自分の名前を、聴衆の前で「密告」する代弁者になることもみか子に担わせた重要な役割なんでしょう。


 そして、タイトルで使われる「乙女」と「密告」。

 アンバランスで興味の湧く単語には、作者の強い意志が感じられます。

 この2つの言葉に託した思い・・・

 受賞の記者会見でも話していたアンネフランクに対する印象を現実にものに差し替えたい・・・


 この小説では、乙女たちは噂話に惑わされ事実が曲げられていく、そんな現代の大学生活とホロコーストの史実とを重ね合わせて共通の課題として、みか子に解決させるという展開です。

 名前のない密告者、それは情報(噂)に惑わされ、自分を見失う私たち自身であり、一人一人が自覚し、自立し、聴衆の前で真実を「密告」すること・・・


 乙女が語る名前−命を落とすことになるユダヤの名前を、必要な真実として語る勇気をみか子に決意させることで、作者はこの小説を成就させています。


 自分はとても読み応えがありました。

 読み終えてみると、全くパロディとは思えず、逆説的な印象になるのか、作者の強い意志を感じずにいられない。

 そんな感想になりました。


 小説の構成も確かで、読み落としている伏線がかなりあると思います。

 時間をあけて再読すると、違う何かを気づかされるような奥深い小説ではないかと思います。





posted by 雪になあれ at 23:42| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤染晶子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

美女と野獣 四季劇場「夏」



 IMG_0233.JPG

 昨日のことですが、夏休みをいただいて行ってきました。


 四季劇場「夏」

 IMG_0226.JPG


 大井町駅からすぐです、操車場やJRの社宅でしょうか、この土地はどうやって入手したのか不思議な場所の一角にありました。

 演目は、本劇場こけら落としとなる「美女と野獣」です。
 自分は今回は遠慮して、車での送迎に専念して、大井町界隈を散策していました。

 昨日の首都高速はどっちに向かっても渋滞、お盆休み明けで物流の車が溢れていたようです。

 それでも渋滞の予感がして時間に余裕を持って出たので、早めに下道を走り始めても、大井町に着いて開場までにお昼を摂る時間が作れました。

 大井町駅界隈は、アトレとヨーカドー、そしてヤマダ電機が陣取っていました。
 駅から少し離れると住宅地で品川がこれだけ近いのに下町風情です。

 上演時間は約3時間なので、暑すぎて外にはいられず、アトレ内でうろうろしてました。


 観劇後は、丸の内にあるオアゾへ行って、ゆっくり丸善で本を眺めて、ツバメキッチンで夕食をいただきました。

 このあたりは平日の方が混み合うようで、夕方の時間帯でしたが、自分たちが席に着いてから、あっという間に満席、単独のサラリーマンや仕事帰りの若いグループでいっぱい。

 週末はたまに来ていたので、違う雰囲気を味わいました。

 IMG_0037.jpg



 このコーヒーの器、柄が何とも言えず良かった。
 何気に・・・皿も同じ柄だったりしてます・・・

 IMG_0049.jpg



posted by 雪になあれ at 23:44| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇(四季) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

インセプション



 お盆休みに集まった旧友たちが口を揃えて絶賛していたので、昨日、インセプションを観てきました。

 イントロが分かりづらく、出だしで眠気に襲われてウトウトしてしまいましたが、徐々に映像の力にも支えられてストーリーに入れました。

 着想は奇抜かも知れませんが、この間観たアバターやマトリックスに重なり、個人的には新鮮さが足らない気がします。

 ただ映像世界は楽しめました、夢の世界という設定は映像世界の自由度を増すことが出来ていて、奇抜な世界観を描けていました。

  夢の世界をビジネスにするスパイの話と主人公の家族の話が、パラレルワールドを舞台に交差していて、主人公の視界(意識)には常に妻の悲壮感と子供の屈託のない姿が見え隠れしていて、その点も重厚感を増していたようです。

 ただそこがどうもこの話を重々しくしていて、楽しめない映画に仕上がっていたというのが感想です。


 ストーリーは複雑で、現実と夢の世界が幾重にも重なり、レイヤーの整理を意識しながら観たつもりでも、最後に主人公が戻った世界が現実なのか夢の世界なのかはっきりしないままです。

 主人公は現実世界に戻れたのかどうか?という点がこの映画のポイントのような気がします。

 ヒントは、回り続ける独楽と子供たちの後ろ姿だと思いますが、自分は着いていけなかったようです。

 考えてみると、帰った家に途中電話口から声が聞こえていたお婆さんの姿がなかったことと、独楽が回り続けていたっていうことは・・・そういう意味なんでしょうか?


 中途半端な感想しか出ないので、総合すると何か足りないことになりそうです。

 読解力が足りないとも言えます。



posted by 雪になあれ at 23:42| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。