2008年08月25日

宮脇俊三と鉄道紀行展



 朝刊を読んでいて、懐かしい記事を見つけました。
 日経新聞8月25日付の最終ページに、「宮脇俊三と鉄道紀行展」の紹介記事が掲載されていました。

 かつて彼の著作を読みあさった時期があった。
 朴訥とした文体と旅情のある紀行文、別に鉄道マニアでもないのに、彼の文章と人柄に共感していました。

 世田谷文学館で、9月15日まで展覧会が開かれているようで、既に終盤のようです。
 それでも、未だ半月以上あるので乗り込めるか・・・

 色々なイベントを週末ごとに開催してるようだけど、行くなら平日の静かな時間がいい。
 自筆の取材ノートなどが展示されているようなので、それを見たい。

 雨の日の午前中なんてタイミングがあれば、最高かも・・・
 無理かな・・・


  • 宮脇俊三
  • 宮脇俊三著作
  • 宮脇俊三と鉄道紀行展

  • posted by 雪になあれ at 23:54| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年08月23日

    虹色ほたる 永遠の夏休み 川口雅幸



     虹色ほたる 永遠の夏休み
     川口雅幸
     アルファポリス (ISBN:978-4-434-10871-6)
     発行年月 2007年07月

     31923091.jpg

     娘に勧められて読んだ本。
     普通ならとても自分が手にする本ではなく、読めるところまで読むつもりで読み始めました。

     まさに童話で、字も大きくて読みやすく、ストーリーにも少なからず引き込まれた。

     展開は分かりやすくて、前例のある手法だったのですが、作者が持つ郷愁を背景に家族愛や恋愛などいくつもの絆を描いていました。

    posted by 雪になあれ at 12:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 川口雅幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年08月20日

    どうにか走れました



     今日は休暇を満喫、ゆっくり寝て、イオン内を散策してコーヒーをいただいて、久しぶりにジョギング、とどめはスーパー銭湯というゴールデンコース。

     それでも夏休み中とあって、イオン内は大盛況、お昼時のフードコートは賑やかでした。

     得意のグロリアジーンズコーヒー
     080820.jpg

     夕方、熊谷スポーツ文化公園でジョギング、今日は暑さも戻っていて久しぶりの走は効いた、約3km。

     この時期、オリンピックの陸上競技をよく見てるが、やっぱり走るって辛いです、オリンピック選手にもう少し頑張れなんて思うことあるけど、とんでもないですね。

     自分は、たった3kmでヒーヒー言ってました。
     走るより、厚着して歩いた方が楽かな、なんて考えてました。

     走ると言えば、この夏は埼玉県でインターハイ(高校総体)が開催されてます。

     恐らく、一般の人はオリンピックと高校野球があるので、インターハイのニュースには関心が向かないと思う。
     その前にあまりニュースで報じられてないと思いますが・・・

     佐藤多佳子さんの「一瞬の風になれ」を読んでいたので、少し関心があって、インターハイの陸上競技、100mの記録だけ調べてみました。

     やっぱり男女とも優勝者は、予選からトップ通過。
     見てみたかったですね。

     走るって格好良いけど、この時期、自分が走るとなると苦しくてどうしようもない、選手達は凄いです。

     とりあえず早く涼しくなって欲しいっす。

     今年の夏は、早い時期から雷雨も多いし、例年より涼しくなるのが早いかな、なんて希望的観測をしてますが、どうでしょう・・・

     それでも、走るとやっぱり身体が軽くなる感じで、調子が上向いてる気がする。
     明日は早起きして、コーヒー屋さんでゆっくりしてから出勤するとしよう。

    posted by 雪になあれ at 21:22| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。